HOME

What's New(新着情報)

意外と知らなかった税理士の事。

税理士さんて聞きますが、その実税理士の資格を取るにはどうしたら良いかとか、その資格試験の難易度、そして一番気になるのがこの税理士という資格で一体どんな仕事が出来るかって事です。そしてどうやら私が将来自分で独立して会社を経営ですとか、そこまで行かなくても商店を経営なんて事になった場合、税金の事でこの税理士さんのお世話になることあるだろうなって思いました。

待てよ?いっその事自分で何かをするのなら自分で税理士の資格を取ってそれを梃子に事務所を開いて開業なんてことも可能性はあるのか?先ずはその辺から調べてみた。しかしこれがかなりの難関みたい。経済学か法律学を大学で履修したかどうかって聞かれたらしてないし、だからと言って今更また大学受験からやり直しなんて無理。そう、この税理士試験を受けるにはその受験資格があるのだ。大学は仕方が無いにしても他にも受験資格を得る方法はあるのかと思い粘って調べたら、日商簿記1級を取得してれば良いとか有るみたいだが、一級保持者になってやっと受験資格を得られるとは、一体どれだけ遠い道のりかと、眩暈さえしてきそうな気分。しかも更に調べると、税理士試験に目出度く合格したらすぐさま活躍できるわけでもなく、合格したら本税理士会連合会へ登録そして税理士会に入会。

やっと晴れて開業できるのかと思いきや、その後二年の実務経験が必要と、まさかこんなに激しく遠い道のりとは思いませんでした。やっぱり私は納税とかそういった面ですとか経営に関して相談するとか、助けてもらう立場の人間のようです。

HOME